妊娠初期 便秘 コーラック

MENU

妊娠初期の便秘にコーラックはどう?


便秘薬で有名なコーラックですが、妊娠初期に使用しても大丈夫なのでしょうか。
まとめてみましたので参考にしてくださいね。

 

コーラックのメーカーサイトによると、
妊娠中の服用は、掛かり付けのお医者さん・薬剤師さんに相談してくださいとのことでした。

 

コーラックは腸のぜん動運動を活性化させて、排便を促す薬です。
妊娠していない人が服用した場合でも吐き気や腹痛、下痢などが起こることがあります

 

それほど強い副作用がある薬なので、
妊娠中の服用は絶対にやめた方がいいでしょう。

 

妊娠中のコーラックの服用は直腸が刺激されることにより、子宮収縮を起こす危険性が高く、妊娠中期〜後期の服用は流産や早産の原因になってしまうことがあるそうです。

 

妊娠初期での服用についての記載は見つけることができなかったのですが、初期でも子宮収縮はよくないと思いますので、服用は避けるべきだと思います。

 

ですが、妊娠に気がつかず、妊娠初期にコーラックを使用してしまった!という人も中には入ると思います。
その場合は焦らずにまずお医者さんに相談してください。

 

妊娠中の便秘はヨーグルトなどの乳酸菌やオリゴ糖で改善することがありますので、食物繊維の果物などと一緒に取り入れてみてくださいね!