妊娠初期 便秘 解消

MENU

妊娠初期の便秘を解消するベスト方法は?


妊娠すると今まで便秘になったことがなかった人でも便秘になることがよくあります。
妊娠初期の便秘を解消するベスト方法を紹介しますので、お悩みの方は参考にしてみてくださいね^^

 

まず、なぜ妊娠すると便秘がちになるのかというと妊娠初期の便秘は黄体ホルモンの影響が大きいといわれています。腸の動きを抑える働きがあるホルモンが分泌されるので、その働きが原因で便秘につながるようです。

 

その働きのおかげで子宮の収縮を抑えて流産などの危険から赤ちゃんを守ることができるのでありがたいことですが、でも便秘は本当に辛いですよね。

 

また、母体が妊娠している状態に慣れていないため、緊張から便秘になることもあるようです。
妊娠していない人でも環境が変わると便秘になってしまうことがありますよね、そのような状況です。

 

便秘だったら市販の便秘薬を使えばいいのでは?と思われがちですが、市販の便秘薬は妊婦さんにはオススメできません。
なぜなら、市販の便秘薬は腸を刺激してしまうため、子宮収縮がおこり流産や早産などのリスクを高めてしまうからです。

便秘薬以外に便秘を解消する方法としては・・・

いろいろありますが、私が妊娠中に一番効果があったのはヨーグルトです。
ただヨーグルトを食べるだけだとプレーン味なので飽きてしまいますし、おいしさもあまりないので、ヨーグルトにさらに便通をよくするものをプラスするという形で食べていました。

 

どのようなものをプラスするといいのかというと

  • 整腸作用のあるハチミツを加える
  • 食物繊維がたっぷりなリンゴ・キウイ・バナナ・イチゴなどをトッピングする
  • 腸内環境を整える善玉菌を増やすことができるオリゴ糖を加える

 

などがあります。

 

私は果物を加えて食べていました。
特にイチゴやバナナなどはフォークで簡単につぶすことができ、食べたいときにすぐトッピングできるので手軽でお気に入りでしたよ^^

 

オリゴ糖は妊娠中の便秘解消にとても人気があるようで、検索するとたくさんの記事や口コミがでてきました。

 

オリゴ糖は母乳にも含まれている成分なので、赤ちゃんへの影響もなく安心して続けられるので人気があるようです。
妊娠中の便秘にオススメ!と書いてある商品も多々ありましたので、気になった方は『赤ちゃん 便秘 オリゴ糖』で検索してみてはいかがでしょうか?

 

なにをしても改善が見られない場合はかかりつけの産婦人科に行くと薬を処方してもらえたり、便秘解消の指導をしてもらえたりすると思いますので、一人で悩まず、お医者さんに相談してみてもいいと思います。